爪に感染する爪水虫や、足の水ぶくれも小水疱型水虫という水虫の一種である可能性も…。見つけたらすぐに治療することが何より重要ですので、今すぐあなたも足をチェックしてみましょう!もしも水虫の可能性がある場合は、当サイトの情報を確認してください。

水虫の可能性がある足の裏の写真

冬に増える2chの水虫情報

2chには、ありとあらゆる事柄に関する情報が掲載されています。
寄せられる情報は、時間や季節ごとに異なり、冬には水虫に関する情報が多く寄せられます。
水虫になると、突然痒みや痛みが生じます。
中年の男性が見舞われる症状という認識がされていますが、水虫は誰もが陥る可能性のある症状です。
感染すると、セルフケアで治癒を目指すことが困難な水虫は、2chの情報を頼りにして、悪化させないようにしましょう。
水虫に感染している人が、自分と同じ生活圏に存在していると、伝染する可能性が高まるのは事実です。
その理由は、白癬菌が歩いた場所に付着するためです。
2chによると、特に足の皮膚から剥がれ落ちた垢に、白癬菌が潜んでいる可能性が高いとされています。
中でも、玄関のマットをはじめ、キッチンやスリッパ、バスマットやカーペット、フローリングなどを好むと言われています。
冬は、湿度が低いので、菌が活発に動きやすいことから、同じ場合を歩いた方の足に菌が付着します。
このように、日本人が水虫に陥りやすいのは、日本人の生活習慣が関与しています。
日本人というのは、室内で靴を脱いで生活を営みます。
つまり、水虫に感染している方の後を、他人が歩くという可能性が高いのです。
そして、プールをはじめサウナやジム、公衆浴場なども感染しやすいと言われています。
冬は、公衆浴場の利用率が高まりますし、夏はプールの利用率が高まることから、一年を通して白癬菌の脅威に晒されることになるのです。
意外と知られていないケースとして、ペットから感染する事が挙げられます。
菌は、人間のみならず、動物にも存在しています。
そのため、家族同様に接しているペットから、感染することもあります。